主婦のひとり言~

ドラマや映画の感想、生活の知恵、節約、食べ物のことなど

開成町のあじさい祭り【2017年】日程や詳細、みどころについて

sponsored link

 

神奈川県開成町でのあじさいの里を会場にした「開成町あじさい祭り」。田植え後の緑いたるところの田園と虹色に咲き誇るあじさいの色彩がたいへん美しく、心が落ち着く景色を満喫できます。

 

田園とあじさいが混在した情景を創り上げようと植栽がはじまったのは、昭和58年。その取り組みがみのり、年々多くの観光客が訪れるようになってきました。

f:id:kangokyu:20170524200705p:plain

ここ数年は、約5000株のあじさいが美しい花を咲かせてくれます。 今年平成29年(2017)も予定どおり催されます。

 

開城町あじさい祭りの日程、アクセス、見頃や駐車場情報

<開催日程>平成29年(2017)6月3日(土)~6月11日(日)

<開催場所>開成あじさいの里

<住所>神奈川県足柄上郡開成町吉田島

<アクセス>【車】東名高速大井松田ICより約10分

【JR他】・JR御殿場線「松田駅」より~徒歩約25分or箱根登山バス関本行き(7~8分)吉田神社入口下車徒歩1分orレンタサイクル

 

・小田急小田原線「新松田駅」より~徒歩約25分or箱根登山バス関本行き(7~8分)吉田神社入口下車徒歩1分orレンタサイクル

・小田急小田原線「開成駅」より~徒歩40分~50分orシャトルバス(あじさい祭り期間中のみ運行:有料)orレンタサイクル

※シャトルバスの運行時間、料金などはHPでご確認ください。

 

<駐車場>臨時有料駐車場あり:約300台(普通車500円/大型車2,000円)

<お問い合わせ先>開成町まちづくり部産業振興課 0465-84-0317

<見頃>あじさいの見頃は、例年6月上旬~中旬です。

※天候や気象条件によっても変動ありますので、ご注意ください。 開成町あじさいまつりHP随時更新あり、お見逃しなく!

f:id:kangokyu:20170524200728p:plain

開成町あじさい祭りの期間中イベント

開成町あじさい祭り期間中のイベントは、メイン会場、サブ会場ごとに、連日、音楽隊コンサートや大道芸パフォーマンス、マジックショー、かざ車づくりなど目白押しです。

 

パンフなどの詳細については、公式サイト(右サイドバーに情報あり)をお確かめください。

 

また、彩り鮮やかなあじさいを満喫したあとは、開成町指定重要文化財となっている、あしがり郷「瀬戸屋敷」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

f:id:kangokyu:20170524200810p:plain

江戸時代旧金井島の名主を代々つとめた瀬戸家のお屋敷が「瀬戸屋敷」です。 こちらでは、、開成町で活躍している芸術家や工芸家の個性的な作品が公開されています。(要入園料)

 

敷地はおよそ1800坪で、屋敷内は、主屋、土蔵、薬医門、水車、井戸などとなっています。それぞれのゾーンで展示や催しものが満喫できます。

 

開園時間:10時~17時(最終入園16時)

休園日:月曜日(月曜が祭日の場合、翌日)・年末年始

TEL:0465-84-0050

所在地:〒258-0028 神奈川県足柄上郡開成町金井島1336番地

駐車場:20台 駐車料金無料(開成あじさい開催期間除く)

f:id:kangokyu:20170524200835p:plain

開成町あじさい園で咲くあじさいの品種は、城ケ崎、グリーンシャドー、伊豆の華、クラウン、アナベルなどで、約5000株数。

 

詳しい開花状況は、開成町あじさい祭りのホームページをご覧ください。

 

ここでは、各地のあじさい名所にはない風景が広がっているのが魅力。 あじさいは、通常、半日陰を好みます。田園で育てるのはとても手間が掛かるのです。

 

そんな状況でも、素晴らしく咲き誇るあじさいは、本当に見事です!ぜひ、足を運んでみてください!

sponsored link