主婦のひとり言~

ドラマや映画の感想、生活の知恵、節約、食べ物のことなど

ジューンブライドの由来と意味合い『意外に知られていない』真実とは?

sponsored link

 

ヨーロッパでは快適に過ごせる6月ですが、日本では梅雨真っただ中となる6月。雨が続き、湿気もたくさんあり、蒸し暑さを感じるシーズンでもあります。

 

昔の日本、まだジューンブライドというワードが広まっていなかった頃、日本中のホテルでも梅雨時期である6月の挙式を遠ざけるカップルがほとんど。式場はどこも空きがある状態でした。

f:id:kangokyu:20170524165143j:plain

当時はエアコンの能力もあまりなく、現在ほど除湿なども十分にありませんでした。 困惑してしまったのはホテルの支配人たちです。

 

『梅雨時期の下降する一方の売り上げ高をどうにかしたい!』と考えたホテル支配人達・・・ある時、ヨーロッパの言い伝えにスポットを当てました。

 

ヨーロッパの言い伝え『6月に結婚するカップルは。。。』?

6月の月名となっている「JUNE」と、ローマ神話で結婚をつかさどる女神とされる「JUNO」に由来しており、6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。

 

【この月間結婚する花嫁はきっと幸せになるでしょう】という伝説です。 ヨーロッパの6月は1年の中でひときわ雨が少ない月で、気候なども適しています。

 

また、「復活祭」が実施される月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝えも。

 

一方で、ヨーロッパでは農作業の妨げとなることから、3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁止されていました。

 

そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げる恋人同士が多く、その分 祝福も多かったため、みんなから祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、という伝説があったのです。

f:id:kangokyu:20170524165226j:plain

ヨーロッパの言い伝えにスポットを当てた日本のホテル支配人達!

「ジューンブライドがございます」

「6月の花嫁は幸せになれるのですよ」

 

とアピールをし始めます。そして、そのロマンティックな伝説に共感する人々に、徐々に浸透していったということなのです。

f:id:kangokyu:20170524165349j:plain

そう、日本では企業戦略から始まったと言っても過言ではないでしょう。

 

日本国内では雨と紫陽花はセットに近いものがあります。そして、そこに加わるウェディングドレスはかなり魅力的ですし、それぞれがよく似合ってると思います。

 

現在はエアコンも整っており、季節や時期に関係なく心地良い挙式が行えますね。

 

ジューンブライド・・・伝統や縁起をかつぐことを重視する日本人にはフィットする言い伝えではないでしょうか?

sponsored link